心臓血管外科医の年収・生活について。

著者:ishi

心臓血管外科医の年収・生活について。

医師の中には、心臓血管外科医というジャンルがあります。ここをご覧いただいている医師の皆様からしたら何をいまさらと思われるかもしれませんが、心臓血管外科というのは、医師でない人やその分野の患者でない人にとっては、あまりなじみのない専門分野かもしれません。心臓血管外科医とは、心臓や血管などを中心に扱う、外科学の一分野です。欧米では心臓外科医と血管外科医に分かれていることが多いのですが、日本では、狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症などの心臓疾患だけでなく、冠動脈疾患などの血管の疾病もまとめて治療するので、このように心臓血管外科医としてまとめられます。

さて、心臓血管外科医の皆さん、現在の労働環境に満足していますか。心臓血管外科医というのは、医師の中でも激務でしょう。どうしても、心筋梗塞などの急患の対応に追われますし、一度オペに入ると何時間もかかることが多いですし、ひとつひとつのオペの難易度や命への直結具合も甚だしいので、肉体的にも精神的にも負担が大きい分野といえます。

気になる心臓血管外科医の年収は、1000万円前後~2000万円までとなっており、美容外科などであれば2500万円の条件の求人情報などもちらほら見かけるのと比べると、医師の中ではそこまで高額ではありません。ただ、手術のスキルが高ければ収入の額に直結する傾向にあるようです。

著者について

ishi editor